(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 「最近、デフォルト(債務不履行)が多くなってきた」。ある地域金融機関の幹部はこう神経をとがらせている。新型コロナウイルスの影響が長引く中、足元でエネルギーや資材の価格上昇が取引先の業績を押し下げているためだ。

 新型コロナウイルス禍で、金融機関は外食・サービス産業を中心に実質無利子・無担保の「ゼロゼロ融資」で対応してきた。同融資は民間金融機関では終了したが、全国地方銀行協会によると、会員62行の2021年9月末の残高が約7兆5000億円ある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り927文字 / 全文1158文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。