立憲民主党の新代表に泉健太氏が就任し、新体制が船出した。低迷する党勢の回復や来年夏の参院選への対応など多くの課題が待ち受ける。「批判ばかり」のイメージから「政策立案型政党」への転換を掲げる泉氏の下、いかに「変わった感」を出していくのか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2472文字 / 全文2489文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「安藤毅の「永田町・霞が関のホンネ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。