政府は新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を7月11日までの期限で適用している10都道府県のうち、東京など首都圏の1都3県について延長する検討に入った。首都圏で感染再拡大が続いており、感染状況を見極めたうえで来週中に判断する。重点措置の延長となれば、7月23日に開幕する東京五輪と重なる見通し。政府と大会組織委員会の間では一部の競技を無観客で実施する案などが浮上しており、調整を急ぐ。五輪チケットの再抽選については、7月6日に予定していた結果公表の延期を検討している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1984文字 / 全文1998文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「安藤毅の「永田町・霞が関のホンネ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。