政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、収入が減少した世帯への30万円の現金給付に代わり、国民1人あたり10万円の一律給付を行うことを決めた。公明党の強硬な要求に安倍晋三首相が折れ、経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案を国会提出前に組み替える異例の対応を余儀なくされた。軌道修正を迫られた舞台裏と今後の政権運営への影響を検証する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3909文字 / 全文3944文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「安藤毅の「永田町・霞が関のホンネ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。