新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪・パラリンピックの延期を含めた具体的な検討を始めた。仮に延期が決まった場合、会場の確保や追加負担など多くの難問に直面するうえ、今後の国内政治日程が修正を迫られるのは必至だ。安倍晋三首相の政権運営や「ポスト安倍」候補の戦略にも影響を及ぼしそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2082文字 / 全文2099文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題