米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから、2021年10月5日で10年となる。この節目に、1980年代の若きジョブズ氏をとらえた貴重な写真のデータが、日本人の手で米スタンフォード大学に寄贈された。米シリコンバレーの勃興期からテクノロジー業界の大物を撮影してきた写真家の小平尚典氏は、データを後世に残す道を選んだ。

小平氏の写真はスタンフォード大学の東アジアライブラリーのデジタルデータとして格納されている。世界中から閲覧ができ、高解像度のデータを利用したい場合などは問い合わせをする。<a href="https://searchworks.stanford.edu/view/13886995" target="_blank">https://searchworks.stanford.edu/view/13886995</a>でアクセスが可能だ
小平氏の写真はスタンフォード大学の東アジアライブラリーのデジタルデータとして格納されている。世界中から閲覧ができ、高解像度のデータを利用したい場合などは問い合わせをする。https://searchworks.stanford.edu/view/13886995でアクセスが可能だ

 「たとえ私が死んだとしても、スティーブの貴重な写真のデータは永続的に管理される。米国や世界のテクノロジーの中心とも言えるスタンフォードで将来にわたって保持してもらえる。学術や研究など非商用の利用であれば、基本的に無償で利用できる契約だ」

 スティーブ・ジョブズ氏ら、米西海岸のIT業界の大物を1980年代から撮影してきた小平氏は、写真のデータをスタンフォード大学に無償で寄付した理由をこう述べる。原本は大部分がフィルムであり、デジタル化のスキャンや色合いの修正などの作業が必要だ。21年5月から、スタンフォード大学にデータを送り始め、同年9月1日に世界に公開された。

ジョブズの特別な側面が浮かぶ

 小平氏が撮ったジョブズ氏の写真は、地元シリコンバレーでも評価が高い。未来学者であり長年ジョブズ氏のことを知るスタンフォード大非常勤教授のポール・サフォー氏は「スティーブのリラックスした写真を撮るのは至難の業だ。その点で小平氏の写真は特別なものである。ずっとシリコンバレーにいた我々でさえ気づかなかった、スティーブの素顔を浮かび上がらせてくれている。そこで我々から小平氏に今回のスキームについてアプローチした」と評価する。

ネクスト・コンピューターのワークステーションを発表するスティーブ・ジョブズ氏。1988年10月、米サンフランシスコ市内の音楽堂 (c)naonori kohira
ネクスト・コンピューターのワークステーションを発表するスティーブ・ジョブズ氏。1988年10月、米サンフランシスコ市内の音楽堂 (c)naonori kohira

 例えば、88年10月には、アップルを追われ新しいアーキテクチャーのコンピューターを開発するネクスト・コンピューターを設立した若き日のジョブズ氏を撮影することとなった。「NeXTcube」と呼ぶ、ワークステーションの発表記者会見だった。ジョブズ氏は33歳だ。

 小平氏は「ネクストはインターネットにつながるパーソナルコンピューターの原型とも言え、まさに世界を変えたプロダクトであり、今のMac OSの基盤にもなっている。スティーブにはやる気がみなぎっており、それがビンビンと伝わってきた」と振り返る。晩年は見ることがなかったスーツ姿だ。「ビル(・ゲイツ マイクロソフト共同創業者)はTシャツだから、自分はアルマーニで決めたとジョークを飛ばしていたが、やはりビル・ゲイツが最大のライバルであり、彼にとって極めて重要な発表であることを感じた」(小平氏)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3236文字 / 全文4304文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「市嶋洋平のシリコンバレーインサイト」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。