2021年1月20日、米国の第46代大統領に民主党のジョー・バイデン氏が就任した。副大統領には、女性初そして黒人初となるカマラ・ハリス氏。ハリス氏の地元はどのように受け止めているのか。就任式当日、生まれ育った米カリフォルニア州バークレーの地を訪れた。

 サンフランシスコの中心部からハイウエーで北に30分弱、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)に向かう際に利用するインターチェンジで降りてすぐのところにハリス氏の生家がある。

ハリス氏が幼少時代を過ごした家。現在は教室として使われている(カリフォルニア州バークレー市)
ハリス氏が幼少時代を過ごした家。現在は教室として使われている(カリフォルニア州バークレー市)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1215文字 / 全文1446文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「市嶋洋平のシリコンバレーインサイト」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。