デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが活発になりつつある日本企業。だが、欧米企業に比べて出遅れているとの指摘も少なくない。日本企業はどうすれば、DXをうまく進められるのか。トップ主導でDXを推進する安川電機の小笠原浩社長に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2502文字 / 全文2508文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題