「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動垂直離着陸機(eVTOL、イーブイトール)を手がける米国のスタートアップ(新興)企業「ジョビー・アビエーション」が日本市場開拓に向けた活動を活発化している。10月18日、日本におけるeVTOLの商業運航に必要な「型式証明」の申請を国土交通省航空局に提出。商用サービス開始に向けた一歩を踏み出した。米国ではeVTOLを利用した移動サービス開始に向けて航空事業者の認可を既に獲得済みだ。機体に関しては、トヨタ自動車とともに製造工程の「カイゼン」に取り組むなど、eVTOLを用いた新しい移動サービスを2024年に開始すべく、まい進している。

米カリフォルニア州マリーナの施設上空で試験飛行するジョビー・アビエーションの電動垂直離着陸(eVTOL)機
米カリフォルニア州マリーナの施設上空で試験飛行するジョビー・アビエーションの電動垂直離着陸(eVTOL)機

 航空ベンチャー、ジョビーの実績は、eVTOLメーカーの中で頭一つ抜きんでている。トヨタ自動車が出資・協力していることで広く知られており、ジョビーは機体開発にとどまらず、モーターといった中核部品や、機体を利用したモビリティーサービスを米国で手がけようとするなど、垂直統合型の事業モデルを志向している。

 創業者でCEO(最高経営責任者)のジョーベン・ビバート(JoeBen Bevirt)氏は、根っからの航空機好き。eVTOLの実現という夢のため、いったん航空業界とは関係ない分野でいくつかの企業を創業し、それらをバイアウトして得た資金を基に、2009年にジョビーを創業した。

 もともとジョビーはeVTOL業界では知られた存在だった。トヨタによる3億9400万米ドル(当時のレートで約430億円)の出資が20年1月に発表されると、産業界での注目度が飛躍的に高まった。ところが、それから間もなくして新型コロナウイルスの感染が拡大。航空業界全体が大きな打撃を受けたものの、ジョビーは逆境にめげず、意欲的に開発を進めた。

 コロナ禍での開発をスムーズに進めるために、自ら新型コロナの感染検査を行う別会社を創業したほどである。コロナ感染の有無を迅速に確認できる検査体制を整え、従業員に対しては出社ごとの検査を義務付けた。これによって感染拡大を予防しつつ、機体開発を進めた。外部の検査も請け負ったことで検査企業の業績も伸び、資金面でもプラスに働くなど、副次的な効果も生まれた。

米カリフォルニア州サン・カルロス市にあるジョビー・アビエーションの開発拠点
米カリフォルニア州サン・カルロス市にあるジョビー・アビエーションの開発拠点

 その結果、コロナ下においても着実に実績を積んでいった。17年から開始したフルスケールの試験機による飛行試験は、21年で延べ1000回を超え、移動距離は延べ5300マイル(約8500km)を上回る。米航空宇宙局(NASA)や米空軍のプロジェクトにも参画するなど、公的機関からのお墨付きも得ている。

 もっとも、ジョビーに限らずeVTOLの実用化と同機を利用した移動サービスの商用化には、大きく5つのハードルがある。(1)機体開発、(2)量産体制の構築、(3)規制当局からの認証獲得、(4)離着陸場や充電器といったインフラの準備、(5)多額の資金である。いずれの課題においても、ジョビーは大きな成果を上げている。

プレ量産機で飛行試験、製造でトヨタ協力

 ジョビーの機体の特徴は、バッテリー(2次電池)のエネルギーだけで飛行する「フル電動型」の機体でありながら、高速かつ航続距離が長いことだ。時速200マイル(約322km)の巡航速度、150マイル(約241km)超の航続距離を目標にする。試験飛行ながら、154.6マイル(約248km)の航続距離を達成している。

 これを実現したのが、固定翼と回転翼を組み合わせた機体構造だ。ローター(回転翼)は「チルト型」で、離陸時には、地面に対して回転翼が水平(回転翼の回転軸を垂直)になるようにし、地面に向けて風を吹き付けて浮上する。浮上後、回転翼部が地面に対して垂直、あるいは斜めに傾くように回転させて、水平方向の推進力を得る。これにより、垂直離着陸を可能にし、目的地に向かう巡行時は推力を得やすくする。固定翼の揚力を利用することで、巡航時に消費するエネルギーを抑え、航続距離を伸ばしている。

 量産準備のために、トヨタから腕利きの技術者や技能員(製造現場のスタッフ)ら数十人がジョビーとの協業に従事。協業内容の詳細を明かしていないが、ジョビーの技術者とともにeVTOLの量産に向けた、各工程における生産性向上に取り組んでいる。

 ジョビーの開発拠点を訪れると、機体の開発や生産準備が順調に進んでいる様子がうかがえる。同社の主な開発拠点は、米カリフォルニア州マリーナとサン・カルロスの2カ所にある。マリーナは、シリコンバレーから車で南に1時間半ほど移動した先、風光明媚(めいび)な観光地として知られるモントレーの近郊にある。サン・カルロスはスタンフォード大学があるパロアルトから車で20分ほどの距離だ。

技術者が炭素繊維複合材のパーツの成形具合を評価している様子
技術者が炭素繊維複合材のパーツの成形具合を評価している様子

 マリーナの拠点は、小さな空港に併設されており、炭素繊維複合材(炭素繊維強化樹脂:CFRP)を用いた機体パーツの製造と機体の組み立て、飛行試験などを行っている。記者が同地を訪れた際も、飛行試験が行われていた。離着陸時は回転翼の騒音が若干するものの、内燃機関がない分、静かだ。中でも離陸後、巡航する際の音は非常に小さかった。

 サン・カルロスの拠点では主にエレクトロニクス部品の開発に取り組む。モーターやモーターを駆動するインバーター、バッテリーマネジメントシステム(BMS)などである。いずれも自社製だ。電気自動車(EV)とは異なるeVTOL用の高効率な独自モーターを開発することで航続距離と飛行速度において非常に高い性能を実現する。このほか、サン・カルロスの拠点ではキャビン(客室)の設計も行われている。

次ページ 自社で移動サービス、ANAやデルタ航空とタッグ