環境負荷の低減という社会ニーズに応えるため、航空機産業にも電動化の波が押し寄せている。北米や欧州で開催された航空機の大型イベントでは、実用化を目前に控えた“電動”航空機が相次いで展示された。これまで欧米の新興企業による開発が多かったが、ホンダやデンソーなど大手日本企業も培った電動化技術を武器に参戦している。

オーストリアのダイヤモンド・エアクラフトが米国の「EAAエアベンチャー オシコシ」に出展した電動推進系のモックアップ
オーストリアのダイヤモンド・エアクラフトが米国の「EAAエアベンチャー オシコシ」に出展した電動推進系のモックアップ

 2022年7月、航空業界は大型イベントに沸いた。英国開催の「ファンボロー国際航空ショー」と米国開催の「EAAエアベンチャー オシコシ(EAA AirVenture Oshkosh)」である。前者は大型旅客機を中心とした航空展示会で、後者は自作航空機や小型航空機を中心とした愛好家向けイベントだ。来場者の関心が異なる両イベントにあって、共通して注目を集めたのが“電動”航空機だ。

 電動航空機(Electric Aircraft)とは、モーターやインバーター、電池などのパワーエレクトロニクス(パワエレ)技術を推進系に活用する航空機を指す。レシプロエンジンやジェットエンジンなどの内燃機関に比べて、温暖化ガスの排出削減や燃費向上、騒音の低減が見込める。航空業界は50年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を掲げる。「持続可能な航空燃料(SAF)」に並ぶ目標達成の手段として研究開発が盛り上がっているのだ。

米ベンチャーのアンペアはハイブリッド型電動推進系を搭載した機体をデモ飛行した
米ベンチャーのアンペアはハイブリッド型電動推進系を搭載した機体をデモ飛行した

 例えばEAAエアベンチャー オシコシでは、米ベンチャーのアンペアが、電動航空機をデモ飛行させた。既存の6人乗り小型機「Cessna 337」を改造した機体で、内燃機関とモーターを併用するハイブリッド型の電動推進系を搭載する。実際、米西海岸のロサンゼルスから中西部のオシコシまで、延べ約3000kmを飛行。このうち約1800kmをノンストップで飛び、その実力を示した。

 アンペアの電動航空機の航続距離は、ハイブリッド型電動航空機で最も長いという。燃費削減効果も4割ほどと、成果は上々だ。同社は既存の機体を流用することで、実用化に必要な型式証明を24年にも獲得し、同年の路線就航を目標にしている。

 電池の電力だけでモーターを駆動する「フル電動型」の小型機を開発しているのはオーストリアのダイヤモンド・エアクラフトだ。既存の小型機を基にした機体に電動推進系を載せる。オシコシ会場ではその電動推進系のモックアップを出展した。同社はフル電動型の電動航空機を22年中に初飛行させ、23年末から24年初めの認証獲得を目指している。

 この電動推進系を開発したのは米新興企業のエレクトリック・パワー・システムズ(EPS)だ。EPSは航空機向けバッテリーシステムに強みを持つ。米ボーイングやフランス・サフランなどが出資し、米航空宇宙局(NASA)も顧客に名を連ねる実力派。航空分野で知られた存在である。EPSはサフラン製のモーターを採用して電動推進系を開発している。展示ブースではEPSの説明員に熱心に質問する来場者が後を絶たず、注目を集めていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文2297文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。