かねて「ソフトウエアファースト」の姿勢を見せてきた米テスラが、その真価を発揮しつつある。高価な運転支援機能を購入しなくても、月単位の料金を支払うことで利用できる「サブスクリプション」型のサービスを開始。画像認識などのソフトウエアを磨き上げて高価なハードウエアを不要にするといった改良も進めた。「ソフトウエアファースト」を掛け声に改革を始めた既存の自動車メーカーの先を走っている。

(写真:ロイター/アフロ)
(写真:ロイター/アフロ)

 テスラは2021年7月、電気自動車(EV)に搭載する高度運転支援ソフト「FSD(Full Self-Driving)」のサブスクリプション(定額課金)型サービスを米国で始めた。以前は1万ドル(約110万円)でFSDを一括購入するしかなかったが、未購入者が後から任意の期間だけ利用できるようになった。利用料金は月額99ドル(約1万1000円)または199ドル(約2万2000円)。

 FSDは高速道路での追い越しや車線変更、駐車スペースへの駐車、信号や一時停止の標識の認識に基づく減速などを自動で行うソフト。車線のキープや車間距離を適切に保つ加減速などを自動で行う運転支援システム「オートパイロット」のオプションとして提供している。自動運転の「レベル2」に相当するため、FSDの使用時にはハンドルに手を添えて進行方向を監視しておく必要がある。

 車載コンピューターが特定の世代(3.0)以降のものであれば、テスラの専用アプリなどでFSDのサブスクリプションサービスを申し込み、すぐに利用を始められる。車両のハードが変わらないまま、車両の機能が拡張されるわけだ。古い世代の車載コンピューターを搭載する車両も、有償で交換すればFSDを利用可能になる。

1万ドルをためらう利用者に選択肢

 テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)はFSDのサブスクリプションサービスについて度々言及してきた。当初は「20年中」としていた開始時期が21年7月までずれ込んだとはいえ、有言実行してみせた格好だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1451文字 / 全文2291文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。