「クルマのロック、ロック解除、エンジンスタートがすべてスマホでできるようになる」。米グーグルのサミア・サマット・バイスプレジデントは5月、スマホのOS(基本ソフト)である「アンドロイド」に、スマホをクルマのキーとして使える機能を載せることを明らかにした。知人にクルマを貸し出す際には、キーを遠隔で安全に共有できるという。

グーグルはスマホをクルマのキーとして使えるようにすると発表した(写真:グーグルの映像をキャプチャー)

 近距離無線の「NFC」に対応する車種であれば、スマホをドアに近づけると解錠できる。「UWB」と呼ばれる無線通信技術に対応していれば、スマホを近づける必要もない。スマホをかばんや服のポケットに入れたままクルマに近づくだけで解錠できる。

 2021年秋にグーグルや韓国サムスン電子の一部のスマホから対応させる予定だ。グーグルは独BMWなど自動車業界の企業と協力して次期モデルの車種をデジタルキーに対応させる取り組みを進めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1031文字 / 全文1412文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。