米アップルは米国時間の20日、タブレット「iPad」の最上位機種である「iPad Pro」やデスクトップパソコン「iMac」の新モデルを発表した。どちらも、アップルが2020年11月に発売したノートパソコンなどに初めて採用した独自開発のCPU(中央演算処理装置)である「M1」を搭載。処理性能を大幅に高めた。

 「100万対1というコントラスト比を実現した」。アップルがオンライン発表会でこう誇ったのが、新型iPad Proのディスプレー性能だ。「ミニLED」と呼ばれるバックライトをアップルとして初めて採用した。

ミニLEDをバックライトに採用した12.9型のiPad Proのディスプレー(画像:アップルの発表会の動画をキャプチャーしたもの)

 ミニLEDは、液晶ディスプレーの背面全体に微小なLEDを格子状に並べて照らす方式。区切った細かい領域ごとに明るさを変えられるのが利点だ。ディスプレーの側面にLEDを並べて導光板を一律に光らせる方式に比べて、ディスプレー全体で見たときのコントラスト比を高めやすい利点がある。

 アップルは今回、前世代のiPad Proに利用していたLEDに比べて大きさが120分の1のものを採用。12.9型のディスプレーに1万個以上のLEDを敷き詰め、2596個もの領域に区切って明るさを制御するようにした。

ディスプレーを2596の領域に分けて領域ごとに明るさを調節する(画像:アップルの発表会の動画をキャプチャーしたもの)
続きを読む 2/2 「マイクロLED」を本命視か

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。