トヨタ自動車グループで、ソフトウエアやスマートシティー開発を手掛けるウーブン・プラネット・グループは、CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)のウーブン・キャピタルを通じて、自動配送技術を手掛ける米国の新興企業Nuro(ニューロ)に出資したことを明らかにした。ウーブン・キャピタルの第1号の投資案件となる。この出資は、ニューロが実施したシリーズCラウンドの資金調達の一部になるという。

 ニューロは、もともと米グーグルで自動運転技術を開発していた技術者らが2016年に創業した企業で、シリコンバレーの一画であるカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く。同社は、自動運転技術の焦点を配送向けに絞っている。ソフトウエアだけでなく独自の小型車両も手掛ける。レベル4相当の自動運転技術を備えた無人小型電気自動車(EV)「R2」だ。

ニューロの無人小型EV「R2」(出所:ニューロ)
ニューロの無人小型EV「R2」(出所:ニューロ)

 そんなニューロは、配送ロボット業界で高い実績を持つ。20年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で実施された外出制限によって、電子商取引(EC)が増加し、配送需要が伸びた。物流向け自動運転技術への期待が高まったことを追い風に、ニューロは競合に比べ資金と実績の両面で頭一つ抜け出している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1412文字 / 全文1931文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。