全2935文字

 米マイクロソフトと、ソニーグループでゲーム事業を手掛ける米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は3月中旬、2020年の年末商戦にそれぞれが発売する予定の次世代ゲーム機の仕様を明らかにした。本来は、16~20日に米サンフランシスコで開催予定だった世界最大級のゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC) 2020」で発表予定だった。新型コロナウイルスの影響で中止になったことから、オンラインでの発表に切り替えた。

「Xbox Series X」の本体とコントローラー(出典:マイクロソフト)
Xbox Series Xの本体内部(出典:マイクロソフト)

 発売まで時間があり両社とも「隠し玉」を準備しているためか、今回発表されたマイクロソフトの「Xbox Series X」とSIEの「PlayStation(PS)5」の本体仕様は大差がない。ハードウエアの公称値を見る限り、一言で表現すれば、ハイエンドの「ゲーミングパソコン」のような仕様である。

 演算処理を担う「心臓」となるメインプロセッサーは、両機とも米AMDの半導体製品を基にしており、同プロセッサー内のCPUやGPUの構成も似ている。「レイトレーシング」と呼ばれる新しい描画機能に対応し、実写映像のようなきれいなCGを表示できる。両機は4Kだけでなく8K映像にも対応。ゲームソフトを格納する媒体として、4K映像に対応する容量100Gバイトの光ディスク「Ultra HD Blu-ray」を採用した。帯域幅にやや違いがあるものの、システムメモリーは両機ともGDDR6対応の16Gバイト品を搭載する。

 本体仕様で大きな違いがあるのは、両機が内蔵するストレージのSSDの速度だ。SSDはもともと現行機が採用するHDDよりも高速だ。高速なほどデータの「ロード」にかかる時間が短縮され、よりストレスなくゲームを楽しめる。