無人運転で送迎するサービスに使う米クルーズの車両(写真:クルーズ提供)
無人運転で送迎するサービスに使う米クルーズの車両(写真:クルーズ提供)

 「サンフランシスコ、唯一無二の乗車体験の準備はできましたか?」

 2月1日、こんなキャッチフレーズをつけたサービスが米サンフランシスコで始まった。仕掛けたのは自動運転技術の開発を手掛ける米クルーズ。米ゼネラル・モーターズ(GM)子会社で、ホンダやソフトバンクグループが出資することでも知られる。

 クルーズが始めたのは、無人運転の車両で送迎する、いわゆる「ロボタクシー」サービスだ。乗りたい場所で呼ぶと、人が誰も乗っていない車両が迎えに来て、後部座席に乗車すると自動運転で目的地まで運んでくれる。一般の利用希望者が公式サイトで登録すれば、誰でも無人運転の車両に乗れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1845文字 / 全文2141文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「根津禎のシリコンバレーTech-On!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。