新型コロナウイルスのまん延をきっかけに、オンラインで面接を済ませる企業が増えた。

 人材サービス大手のパーソルキャリア(東京・千代田)によると、同社の転職支援サービス「doda(デューダ)エージェントサービス」で2021年7月に扱った求人案件のうち、64%はオンラインでの面接が可能だった。コロナ禍の影響でその1年前の38%から急増した。

オンラインで採用面接を実施する企業が増えている(写真:PIXTA)
オンラインで採用面接を実施する企業が増えている(写真:PIXTA)

 オンライン面接には「遠方からでも参加しやすい」「スケジュールを調整しやすい」などの利点がある半面、わなが潜む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1538文字 / 全文1783文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「吉野次郎のサイバー事件簿」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。