個人から企業、社会へ拡大する標的

 イスラエル軍サイバー部隊出身で、現在は情報セキュリティー会社、米サイバーリーズンのCEO(最高経営責任者)を務めるリオール・ディブ氏は、「近年、民間のサイバー犯罪者の実力が急速に高まっており、国家が運用するサイバー部隊とあまり変わらなくなってきた」と警鐘を鳴らす。

 実力の向上に伴い、ランサムウエアを使ったサイバー犯罪は凶悪さを増している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1277文字 / 全文2522文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「吉野次郎のサイバー事件簿」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。