全1625文字

 日本政府が4日7日に緊急事態宣言を発令してから国内でインターネットの通信量が急増していることがネット配信インフラ大手の米アカマイ・テクノロジーズ日本法人への取材で分かった。発令した直後の4月8〜11日の4日間は、前年同期と比べて67%増えた。1週間前(4月1〜4日)と比較すると21%増だ。

 新型コロナウイルスへの警戒が高まった1月以降、関連する情報をネットで集める人が増えるなどして、国内の通信量は徐々に増加していた。今回の緊急事態宣言で法的に外出の自粛要請が出たことを受け、仕事や娯楽、買い物を自宅からネットでこなす人が一気に増大した。

 対照的に緊急事態宣言の対象となった東京、大阪、福岡など7都府県では人出が激減している。

緊急事態宣言後、東京・渋谷の人出は激減した(写真=アフロ)

 携帯電話の位置から人の動きを調査しているNTTドコモによれば、4月15日15時時点の東京・渋谷の人出は、緊急事態の宣言直前となる4月7日の同時刻と比べて39%減り、感染拡大以前(1月18〜2月14日の平日平均)と比較して65%減った。大阪・梅田周辺もそれぞれ52%減、71%減となった。

米ニューヨークや韓国でもネットの利用増える

 外出を控える代わりに、対面の会合は「Zoom」などのビデオ会議に、店舗での買い物はアマゾンなどのネット通販に、映画館での上映はネットフリックスなどの動画配信に移行し、通信量の増大につながった。アカマイ米本社によると、米ニューヨーク、フランス、イタリア、韓国でも、外出の自粛要請など行動制限が強まった日を境に、ネットの通信量が増えている。

 世界的に株価が下落する中、Zoomを運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ、米アマゾン・ドット・コム、米ネットフリックスが逆行高の傾向にあることは、「特需」が一過性のものではないと投資家たちがみていることを示唆する。日本で電子契約サービスを手掛けるペーパーロジック(東京・品川)が3月上旬に実施したアンケート調査によれば、「勤務先でテレワークが今後進んでほしいと思うか」という質問に対して、「強く思う」「思う」が合わせて96%に上り、一部で「巣ごもり」需要が定着の兆しをみせている。

 外出せずに、ネットで用事を済ませる効率的なライフスタイルがどこまで定着するかを見極めるには、新型コロナ終息後の通信量や人の動きに関する統計が重要な指標になりそうだ。

サイバーアンダーグラウンド』好評発売中!

 ネット社会の闇を徹底取材! 日経BPから『サイバーアンダーグラウンド/ネットの闇に巣喰う人々』を刊行しました!

 本書は3年にわたり追跡した人々の物語だ。ネットの闇に潜み、隙あらば罪なき者を脅し、たぶらかし、カネ、命、平穏を奪わんとする捕食者たちの記録である。

 後ろ暗いテーマであるだけに、当然、取材は難航した。それでも張本人を突き止めるまで国内外を訪ね歩き、取材交渉を重ねて面会にこぎ着けた。

 青年ハッカーは10代で悪事の限りを尽くし、英国人スパイは要人の殺害をはじめとする数々のサイバー作戦を成功させていた。老人から大金を巻き上げ続けた詐欺師、アマゾンにやらせの口コミをまん延させている中国の黒幕、北朝鮮で“サイバー戦士”を育てた脱北者、プーチンの懐刀……。取材活動が軌道に乗ると一癖も二癖もある者たちが暗闇から姿を現した。

 本書では彼らの生態に迫る。ソフトバンクグループを率いる孫正義氏の立身出世物語、イノベーションの神様と評された米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏が駆け抜けた波瀾万丈の人生など、IT業界の華々しいサクセスストーリーがネットの正史だとすれば、これは秘史を紡ぎ出す作業だ。悪は善、嘘はまこと。世間の倫理観が通用しない、あべこべの地下世界に棲む、無名の者たちの懺悔である。

 サイバー犯罪による経済損失はついに全世界で年間66兆円近くに達した。いつまでも無垢なままでいるわけにはいかない。

 ネット社会の深淵へ、旅は始まる。