「水道水にウイルスが混入している」「2度感染すると死ぬ」……。新型コロナウイルスに関するデマがインターネットで流布しており、全国各地の自治体が住民に注意を呼びかける事態に発展している。

 社会不安が高まり、関連する情報が不足しているときに、人は辻つまを合わせようと、デマに飛びつくというのが、社会心理学の通説だ。新型コロナのまん延で不穏な空気が社会を覆い、感染防止法や治療法が定かでない今はまさにデマが広がりやすい。

 歴史を振り返れば、欧州でペストが流行した14世紀半ば、キリスト教徒の間で「ユダヤ人が井戸に毒を入れた」などというデマが拡散し、各地で多数のユダヤ人が殺害される悲劇が起きている。現代人は再びデマに踊らされてしまうのだろうか。

 デマが拡散するメカニズムを知り、正しい知識でウイルスから身を守らねばならない。

集団から集団へ飛び火するウソ

 ネットのデマは波紋のように中心から周辺へと均一に広がっていくわけではない。SNS(交流サイト)などでつながった集団から、別の集団へとデマが飛び火していることが、ネットの炎上対策サービスを手掛けるエルテス(東京・千代田)の調査から分かってきた。

ネットには新型コロナウイルスに関するウソがまん延している(写真:shutterstock)

 ネットの利用者はSNSで自分の意見に近い相手とやり取りすることが多く、訪問するウェブサイトも同意見のものに偏りがちだと言われる。ツイッターの利用者は自らの政治的主張に沿った情報に接することが多いと、フィンランド・アールト大学の研究者が報告している。

 政治的な主張を展開するウェブサイトでは、意見の異なるリンク先よりも、同意見のリンク先の方が圧倒的に多いという調査結果もある。その結果、ネットでは自然と価値観の似通う同士でまとまっていくことが知られている。

 エルテスの江島周平マーケティング担当部長は、そうした集団を「クラスター」になぞらえる。ナイトクラブやスポーツジム、屋形船など密集した空間では、新型コロナに感染した数人〜数十人単位のクラスターと呼ぶ集団が発生しており、クラスターが新たなクラスターを生む悪循環に陥りつつある。

 江島氏は「ネットでもデマが集団から集団へ伝わっている。最初にデマが発生した集団内で拡散が収まっても、新たに別の集団内でデマが広がり始める」と指摘する。

続きを読む 2/2 危惧される中国人への偏見

この記事はシリーズ「吉野次郎のサイバー事件簿」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。