年末のかき入れ時に大人数の外食を控えようという動きが広がり、コロナ禍にさらされる外食店の苦境は深まっている。「常連客づくり」の重要性が一層高まるなか、ギョウザのサブスクリプション(定額課金)で会員約500人を集めたのが、ラーメン・定食チェーンの福しん(東京・豊島)だ。外食のサブスクは、焼き肉チェーンの「牛角」が一部店舗で開始したが、1カ月あまりで取りやめるなど難しさも指摘される。そのコツを福しんの高橋順代表に聞いた。

福しんは2020年1月下旬、月額500円(税込み)でギョウザ1人前(6個)が1日3回まで無料になる「福しんギョウザ定期券」を始めました。

高橋順・福しん代表(以下、高橋氏):何か新しいことをやりたいと思って。自分自身、動画視聴やスマートフォンでの雑誌購読、スポーツクラブなどサブスクに結構なお金を払っており、飲食店でもやれるかなと考えていました。その頃、外食向けのサブスクシステムを提供するfavy(東京・新宿)から情報が入りました(関連記事:「声が大きい常連客は上客じゃない」、外食に必要な正しい顧客管理)。

 一方、1月に焼き肉チェーンの牛角さんがサブスクをやめたという話を知りましたが、サブスクの良い点はいつでもやめられるところ。だめなら1カ月で撤退すればいいと思って始めました(注:牛角は3月頃にもサブスクを試験的に実施したが、コロナ禍の影響もあって現在は実施していない)。

<span class="fontBold">高橋順(たかはし じゅん)氏</span><br> 1973年生まれ。93年に簿記系の専門学校卒業後、建設業の会社へ入社。サービス業、システムエンジニアなどを経て、2000年7月に福しんを経営する父に頼まれて入社。07年から代表取締役社長。福しんは東京都内で32店舗を展開する。仕事帰りのサラリーマンの利用が多いという。
高橋順(たかはし じゅん)氏
1973年生まれ。93年に簿記系の専門学校卒業後、建設業の会社へ入社。サービス業、システムエンジニアなどを経て、2000年7月に福しんを経営する父に頼まれて入社。07年から代表取締役社長。福しんは東京都内で32店舗を展開する。仕事帰りのサラリーマンの利用が多いという。

なぜメインのラーメンではなく、ギョウザをサブスクに選んだのでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3931文字 / 全文4577文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グルメサイトという幻」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。