動画に音楽、車、衣服、家具──。様々な分野で広がるサブスクリプション(定額課金)サービスが、都心のビルにも登場した。三井不動産は、東京・日本橋の商業施設「COREDO(コレド)」などに入居する外食店で使えるサブスクを始めた。

三井不動産は、グループの拠点である日本橋エリアのビルでサブスクをスタートした
三井不動産は、グループの拠点である日本橋エリアのビルでサブスクをスタートした

 コロナ禍前の複合ビルでは、インターネット通販の隆盛に対抗するため、あえて「来場しなければ体験できない」テナントとして外食店を増やす傾向があったが、コロナ禍でオフィスワーカーと来街者のいずれも減少。ビルの核である外食店のシャッターが下りてしまえば、施設の活気が失われかねない。外食支援は、ビルの価値を左右する課題になりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2080文字 / 全文2376文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グルメサイトという幻」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。