西に日本海、南に白神山地が広がる青森県鰺ヶ沢(あじがさわ)町の牧場「アビタニアジャージーファーム」で、元気に走り回る乳牛「ジャージー牛」。質の良いミルクを産出することで知られるが、実は食肉としても一流となる力を秘めている。

 通常の黒毛和牛は2歳半ほどで出荷されるのに対し、この牧場は5年以上も肥育する。その成熟した赤身肉はかみ応えのある深い味わいがあり、日本でおいしい牛肉と言えば「柔らかい」という常識と一線を画す。

アビタニアジャージーファームでは、フリーストールと呼ばれる放し飼いスタイルで肥育している
アビタニアジャージーファームでは、フリーストールと呼ばれる放し飼いスタイルで肥育している

 ジャージー牛は体が小さく、肉牛として育てるには効率が良くないため、日本市場ではほとんど流通していない。これまでも牧場関係者などごく狭い範囲でのみ、食されてきた。

 そんな希少な牛肉を使ったローストビーフの販売が、EC(電子商取引)で7月5日から始まる。コラボするのは、シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」。「幻の食材」に最適化した調理プログラムをヘルシオにダウンロードして、家庭で最高級の料理を楽しめる。担当者が「行き着くところまで行き着いた」と語るヘルシオの機能を生かし、家庭の食卓で「レストランを超える体験」の実現を目指す。

 「実は(調理プログラムの開発では)何も苦労しておらず、お肉を切っただけ。このクオリティーのローストビーフができてしまうのは、料理人として驚きだ」

 6月下旬、関係者を招いて開いた試食会。ローストビーフの調理を担当した熟成肉の「格之進」を運営する門崎(岩手県一関市)の遠藤雅総料理長が悔しそうに吐露した。格之進は肉好きに知られる人気店の一つだ。

ヘルシオはプロ並みの腕前でローストビーフを調理するという。
ヘルシオはプロ並みの腕前でローストビーフを調理するという。

 ローストビーフを料理人が調理する場合、フライパンを使って高温で表面を焼き固め、業務用オーブンを使い、低温でじっくり内部まで加熱する。すると表面のみに火が通り、中身はピンクのおいしそうな仕上がりになる。

 ヘルシオは、ボタン一つでこの高温のあぶり焼きと、低温調理を実現してしまう。ジャージー牛用に試作を重ねた結果、ヘルシオにもともと入っていたローストビーフ用プログラムで、プロ級の仕上がりが実現できたという。だからこそ総料理長は複雑な顔をしたわけだ。

 今回は、ローストビーフにミートローフ、ハンバーグの3商品をセット販売する。ヘルシオの売りの一つは、その食材ごとに最適化した調理プログラムをダウンロードすることで、買い替えなくても機能を「進化」させることができる点だ。ジャージー牛を使ったミートローフ、ハンバーグ用に調理プログラムを開発し、外食店を超える味を家庭の食卓に届けるという。税込み、送料別で1万6200円。300セット限定としている。

続きを読む 2/2 新機能の波に埋没する「売り」

この記事はシリーズ「グルメサイトという幻」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。