誕生から10年で世界の月間利用アカウント数は10億を超え、日本でも3300万アカウントを抱える米インスタグラム。個人が写真や動画を使って自己表現をする場から、企業が物品販売などビジネスに活用する場へと広がっている。一方、米議会では親会社である米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)に対し、インスタやメッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」の買収は独占的行動として「解体すべきだ」という論調も出始めている。インスタグラムの製品部門責任者であるヴィシャル・シャー氏に、インスタのこれまでとこれからを聞いた。

<span class="fontBold">ヴィシャル・シャー 米インスタグラム製品部門責任者</span><br> カリフォルニア大バークレー校にて、コンピューターサイエンスとビジネスの学士号を取得。マーケティングアナリティクスの米ターンでエンジニアとして開発に携わる。アクセンチュアを経て、2015年にインスタグラムへ
ヴィシャル・シャー 米インスタグラム製品部門責任者
カリフォルニア大バークレー校にて、コンピューターサイエンスとビジネスの学士号を取得。マーケティングアナリティクスの米ターンでエンジニアとして開発に携わる。アクセンチュアを経て、2015年にインスタグラムへ

インスタグラムの10年をどう見ていますか。

ヴィシャル・シャー製品部門責任者(以下、シャー氏):アメイジングの一言です。個人が表現をする場として世界中に広まっていきました。「正方形の写真」から始まり、動画にも対応して表現の仕方も深化しています。24時間で投稿が消える「ストーリーズ」やライブ動画、ショッピングなどインスタ自身も大きく変わり、成長へとつなげてきました。

日本では「インスタ映え」が流行語になるなど、社会現象にもなりました。

シャー氏:日本市場は展開当初から際立っていました。インスタグラムが大切にしていることの1つにクラフトマンシップがあります。日本人が持つ職人芸のような気質は親和性が高く、広く受け入れられたのかもしれません。2019年8月には、日本にプロダクトチームを置きました。米国以外では初のことです。それだけ日本には学ぶことがあると考えます。

日本のアカウントは3300万で、全体(10億)に占める割合は3%程度と大きくありません。それでも開発チームを日本に置いたのは、どのような点が他国と異なるからでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1952文字 / 全文2689文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「白壁達久のネット企業盛衰記」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。