「じゃらん」「ホットペッパー」「ゼクシィ」──。手掛けている事業がいずれもコロナ・ショックの直撃を受けたリクルートホールディングス。8月26日に発表した2020年4~6月期決算は前年同期比で大幅減益ながら、株価は翌日に急上昇した。投資家が見たリクルートの強さとは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1868文字 / 全文1882文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「白壁達久のネット企業盛衰記」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。