ドアダッシュが日本に進出。仙台からサービスを始める

 フードデリバリーで米国シェアトップのドアダッシュが日本に上陸し、6月9日に仙台市でサービスを開始した。ドアダッシュジャパンの山本竜馬代表兼カントリーマネージャーは会見で、「米国のコピー&ペーストではなく、日本に合ったプロダクトをきっちり考えていく」と語った。

 ドアダッシュは米国で2013年から料理宅配サービスを始め、カナダやオーストラリアなど海外展開を進めてきた。米ウーバーテクノロジーズの「ウーバーイーツ」など多くの競合がしのぎを削る中、米国では50%のトップシェアを握るという。

 20年12月に米市場に株式上場し、足元の時価総額は約470億ドル(約5兆円)に達する。ソフトバンクグループ(SBG)傘下の「ビジョン・ファンド(SVF)」が出資しており、IPOによる増資後の持ち株比率は2割強。上場時の含み益は1兆円近くにのぼり、21年3月期の連結純利益5兆円を後押しする存在となった。

 新型コロナウイルス禍で国内の料理宅配市場は急成長している。調査会社のエヌピーディー・ジャパン(東京・港)によると、20年のフードデリバリー市場規模は前年比50%増の6264億円に達した。

 一方で競争は激しい。出前館とウーバーイーツの「2強」を筆頭に、フィンランドの「Wolt(ウォルト)」、中国配車アプリ大手の滴滴出行(ディディ)が運営する「DiDiフード」など海外から次々に参入。「今は戦国時代。陣取り合戦は1~2年は続く」と出前館の藤井英雄社長CEO(最高経営責任者)は見る。顧客獲得に向けてクーポンを乱発する消耗戦を各社が繰り広げる中、後発のドアダッシュに勝ち目はあるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り824文字 / 全文1519文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「白壁達久のネット企業盛衰記」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。