経営の統合を発表したヤフーとLINE。米国勢のGAFAや中国勢のBATなど、海外のメガプラットフォーマーに続く第三極を狙う日の丸プラットフォーマーは、どこで勝負を挑むのか。ヤフーとLINEの親会社となる新生Zホールディングスの共同最高責任者となる川邊健太郎・ヤフー社長CEO(最高経営責任者)とLINEの出澤剛社長に、これからの戦い方を聞いた。

19年11月の発表から1年4カ月。ようやく経営の統合が実現しました。今あるサービスの統廃合も効果の1つとして期待されています。いかに進めていくのでしょう。

両社のコーポレートカラーのネクタイで揃える、ヤフーの川邊健太郎社長CEO(左)とLINEの出澤剛社長(写真:的野弘路、以下同)
両社のコーポレートカラーのネクタイで揃える、ヤフーの川邊健太郎社長CEO(左)とLINEの出澤剛社長(写真:的野弘路、以下同)

川邊健太郎氏(以下、川邊氏):ヤフーとLINEのサービス統合に向けた意思決定機関として「プロダクト委員会」を新たに立ち上げました。週に一度開催します。まさに今日(※取材日の3月4日)、第1回をやってきました。

 プロダクト委員会を含めた経営会議では、朝の10時から4時間話し合いました。AI(人工知能)を中心に、今後5年間で5000億円を投資すると発表しました。その中でこの2~3年で何をするかという話や、次の決算発表で話せそうな議題もありました。

出澤剛氏(以下、出澤氏):最後のフリーディスカッションですごく重要な意見交換ができました。今日は初回ということもあり、顔合わせも兼ねて久しぶりに対面で話せたことも大きかった。これまではずっとリモートでのコミュニケーションでしたから。

川邊氏:みんな堰を切ったように話して議論は盛り上がりました。統合を表明したものの、公正取引委員会による結合審査の期間はもちろん、(LINE株の)TOB(株式公開買い付け)を実施した期間も話せず、いよいよ本格的に話せるようになりました。

 今週で緊急事態宣言が解除されれば来週以降も対面を継続するつもりでしたが、予定を変更せざるを得ません。是々非々でやっていきます。

 来週以降は午前10時から午後5時までとなりました。(ランチタイムを挟みつつ)7時間みっちりです。このスピードで意思決定していきたいですね。

1日の会見では決済サービスの「LINEペイ」を22年4月に「PayPay(ペイペイ)」に統合する一方、「ヤフーニュース」と「LINEニュース」はそれぞれ残すと発表されました。

出澤氏:すべてをスマート化すればいいとは思いません。サービスが2つあるものを1つにするのがゴールではないですから。ユーザーにとってそれぞれ価値があり、たくさんの人に使ってもらえるのであれば、サービスを減らす必要はありません。

川邊氏:赤字事業であれば、どちらかに統合するというのはあるかもしれません。でも、現状ではヤフーニュースもLINEニュースも黒字です。無理に統合しても、1+1が2にならず、ユーザーは減るだけです。

続きを読む 2/3 「出前館」活用したラストワンマイル戦略

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1820文字 / 全文3107文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「白壁達久のネット企業盛衰記」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。