全1375文字

 リクルートホールディングスは13日、副社長執行役員兼COO(最高執行責任者)の出木場久征(いでこば・ひさゆき)氏を4月1日付で社長兼CEO(最高経営責任者)に昇格する人事を発表した。現社長兼CEOの峰岸真澄氏は会長兼取締役会議長となる。

4月から新社長に就く出木場久征氏

 45歳の出木場氏は、今やリクルートで最も成長力の高い事業となった「インディード」を自ら“発掘”して育て上げた張本人だ。峰岸氏が掲げたグローバル化の目標。その達成に向けて出木場氏は指名を受け、M&A(合併・買収)や協業できる相手を世界で模索した。数多くの企業を見た中で出木場氏が見つけたのが米インディードだった。