飛行機、電車、バス、タクシー……。人口が集中する都市部でも、過疎化や少子高齢化が進む地方でも、日常生活や経済活動を支えてきた公共交通機関。時代の変遷とともに使用する機材や決済方法などは進化を遂げ、利用者のニーズに対応してきた。一方で、人口減少の進展に伴って、運転手をはじめとした担い手の不足への懸念も今や地方だけの問題ではない。各事業者は無人運転など省人化の取り組みにも頭を巡らせ、対策を練り始めている。MaaS(マース、Mobility as a Service)といった新潮流も出てきた中で、外部環境の変化とともに移り変わる交通の今を探る。(写真:PIXTA)