挫折や逆境がエネルギーに

 所属先にも負の連鎖がありました。最初に入った地崎工業(現・岩田地崎建設)のスキー部が98年に廃部となり、移籍したマイカル(現・イオンリテール)も2001年に経営破綻。2度目の移籍時は所属先がなかなか見つからず、厳しさを実感しました。土屋ホームが声を掛けてくれたことで引退を免れました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1618文字 / 全文2866文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「どうする? 働かないおじさん」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。