数十億年後に太陽が膨張し、地球が消滅した時、人類はどうすればいいのか。そんな超未来に思いをはせ、異端の研究を続けている研究者が米国にいる。今の日本に、そんな常識とかけ離れた研究を許容する土壌はあるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2398文字 / 全文2423文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題