空想の産物だった永遠の生命も、本気で追求する動きが世界では目立ち始めている。鍵を握るのは「ナノマシン(分子アセンブラー)」と「機械への意識の移転」。「生命には限りがある」という人類最大の弱点を補完する基礎技術の研究は、既に始まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1172文字 / 全文3285文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題