全3285文字

 その血を飲めば、未来永劫(えいごう)生きられる幻の鳥を追い求めた人々の生き様を主題にした故・手塚治虫氏の『火の鳥』。永遠の命を求め宇宙を旅する少年の成長を描いた松本零士氏の『銀河鉄道999』……。不老不死(超長寿命化)もまた、昭和の時代から様々なSFやアニメで表現されてきた人気のテーマだ。

 かつては空想の産物と思われていた永遠の生命についても、ここ10年の遺伝子工学や生物工学の発展に伴い、本気で追求する動きが世界で目立つ。2013年、米グーグルの共同創業者ラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO、当時)らが米サンフランシスコで創業したカリコはその1つ。「老化の原因を突き止め、対処する長期プロジェクト」の遂行が目的だ。

 こうした現代の不老不死・長寿研究には、いくつかのアプローチ方法がある。

(画像:アフロ)

 1つの可能性として挙げられるのが、超小型の機械「ナノマシン」の活用。発想自体は古く、米科学者のキム・エリック・ドレクスラー氏が1986年に発表した書籍『創造する機械』などが始まりとされる。ドレクスラー氏は、原子を材料にしてあらゆる分子を組み立て物質を創造するナノマシン「分子アセンブラー」という概念を提唱した。実現すれば、次のような未来が訪れてもおかしくない。

あくせく働く必要どころか、死ぬことさえなくなる

▼……分子の構造が分かっている物質はほとんど何でも製造できるようになり、これまで存在しなかった新しい物質を設計・製造することも可能になる。
▼……新素材や新薬は自由に作れ、エネルギー資源不足に悩むこともない。世界的に懸念される食糧危機も一挙に解決だ。
▼……牛肉が食べたければ、“家庭用分子アセンブラー”に草を入れ、ボタンを押せば、霜降りの肉に再構成される。
▼……そして人類はもはや、あくせく働く必要がなくなる。

 分子アセンブラーが発展すれば、タンパク質などを組み合わせて人工臓器を作ったり、人体の細胞を補修したりすることも不可能ではなくなる。定期的にナノマシンを体内に投入し補修し続ければ寿命は飛躍的に延長。やがて脳細胞まで修復できるようになれば、原理的に人は死ぬことがなくなる──。

「まさに実現不能なマッドサイエンス」。多くの人はそう思うだろう。だが意外にも、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)に所属する有賀克彦氏は「時間はかかっても、分子アセンブラーはいずれ実現するだろう」と話す。