東京電力福島第1原子力発電所や中間貯蔵施設が立地する福島県双葉町。原発事故で大量の放射性物質が飛散し、東日本大震災から9年間、町の全域が原則立ち入り禁止の「帰還困難区域」に指定されてきた。その双葉町にわずかだが復興に向けた光が差し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2655文字 / 全文2674文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「3.11」から10年目 フクシマ復興の道筋」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。