森や田んぼの脇を露天掘りの鉱山のように十数メートル掘り下げた広いくぼ地が視界に入った。東京電力福島第1原子力発電所から5キロメートル圏内。そこへ大型トラックやベルトコンベヤーからひたすら投じられるのは土だ。文字通り「穴を掘って穴を埋める」作業である。

 2011年3月の福島第1原発事故で甚大な被害を受けた福島県双葉町と大熊町。両町には上記のようなくぼ地がいくつも作られている。放射性物質に汚染された地域の土をためておく「中間貯蔵施設」。地元43市町村が各地域で除染を実施した際に出てきた土を運び込む。国とは30年にわたり保管すると取り決めている。その後は保管した土は最終処分場に運び出される予定だ。

露天掘りの鉱山のような中間貯蔵施設
中間貯蔵施設への道は、通行を厳しくチェックされる

 大きな被害を出しながら原発の地元2町が施設を引き受けたのは、福島の復興を進めるための苦渋の選択だった。だが、難題がある。掘って埋めた後、「また掘り出せるかどうか」である。

 事故後、原発周辺の福島県の中通り、浜通りと呼ばれる地域を中心に、農地の土壌表面のはぎ取りや森林での落ち葉回収、道路・建物などの洗浄といった除染作業が進んだ。その中で、最も手間とコストがかかるのが土壌処理だ。

 18年3月にはぎ取り作業は終了、福島県43市町村で発生した汚染土(一部草木なども含まれる)は約1400万立方メートルにも及ぶ。これは東京ドームで約11個分に相当する量だ。

 これらの土はフレコンバッグと呼ばれる容量1立方メートルの土のうのような袋に入れられ、一旦仮置き場に積まれた後、トラックで中間貯蔵施設に運ばれる。

除染で出た大量の土をフレコンバッグに詰めて運び出す

 福島第1原発の西側を南北に走る国道6号線と、そこから海側へ伸びる県道などは日中、そのトラックが今も切れ目もないくらい続く。フレコンバッグにはどれも、重量や放射線量などを記録したバーコードのあるタグがつけられ、トラック自体も全地球測位システム(GPS)を装着、厳密に管理されている。

続きを読む 2/3 「約束が守れないなら出て行ってもらう」

この記事はシリーズ「「3.11」から10年目 フクシマ復興の道筋」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。