第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が終盤戦を迎えている。国益のぶつかり合いが激しさを増し、共通の目標づくりが難航している。多くの国が2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにするという目標があるものの、より実効性のある30年時点の目標は曖昧な国が多い。そのため、国連は各国の目標を勘案しても30年には10年比で排出量が13.7%増えると分析している。環境活動たちは、リーダーたちの美辞麗句より行動を求めている。

 ただ、世界の中には、どこよりも早く行動を起こしている企業がある。新しい市場で勝つためには、先行することが不可欠であるためだ。その好例が、フィンランド企業の再生燃料世界最大手ネステだ。20年以上前に再生燃料の需要が高まることを予測し、開発を始めた。持続可能な航空燃料(SAF)でも先行し、遅れて参入する石油メジャーなどをリードしている。

 これまで地域ごとに廃食油を回収し、小規模の再生ディーゼル燃料をつくる草の根の活動があった。同社はこれを産業化したと言える。再生燃料の市場がなかった20年前に、経営陣はどのような判断を下し、周囲はどのような反応だったのか。SAFをいかに強化したのか。ネステのピーター・バナッカー最高経営責任者(CEO)のロングインタビューをお届けする。

ネステはオランダのロッテルダム工場で再生燃料を生産する(写真:Yuriko Nakao)
ネステはオランダのロッテルダム工場で再生燃料を生産する(写真:Yuriko Nakao)

以前は再生燃料という市場がありませんでした。ネステはいつごろから再生燃料事業を始めたのでしょうか。

ピーター・バナッカーCEO(以下、バナッカー氏):ネステは約70年前にフィンランドの石油精製会社として創業しました。現在の戦略は、再生可能エネルギーのグローバルリーダーになることです。フィンランドのような人口が少ない国では、世界の大企業と競い、成長を続け、長く事業を続けていくには、常に革新的であることが求められます。

 ネステは1996年に再生燃料の技術を開発しました。最初の技術投資はフィンランドで始まり、2007年にはすでに化石燃料由来のディーゼルよりも生産規模が大きくなっていたのです。その後、10年、11年に大胆な決断で大幅に規模を拡大し、国外には最初にシンガポール、その後オランダのロッテルダムに進出しました。

 もちろん、それには大変な勇敢さを必要としました。07~10年当時を振り返ると、世界でサステナビリティーに関する議論は盛んに行われていましたが、実行に移されることは多くありませんでした。ネステは勇敢さとイノベーションを持っており、とても大胆な決断を下したのです。社会にはまだそれを受け入れる土壌ができておらず、ネステが新たな市場を創り出す必要がありました。

 その動きには多くの疑念が寄せられました。当時は、内部の利害関係者や投資家、株式市場、また従業員でさえも、それが正しい戦略なのか疑問を持っていました。振り返ってみれば、そうした決断を下し巨額を新技術に投資していたネステは、明らかに時代を先取りしていました。

 今ではネステの利益の90%以上が、再生可能エネルギーから生まれています。これは素晴らしいことですし、今では誰もが再エネに注目しています。ネステでは現在、航空事業に注力しているところです。

続きを読む 2/6 当時は多くの関係者に理解されなかった

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4891文字 / 全文9230文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。