パナソニック空質空調社の道浦正治社長は、10月初旬にフランス・パリで新型のヒートポンプ式暖房・給湯機を披露した
パナソニック空質空調社の道浦正治社長は、10月初旬にフランス・パリで新型のヒートポンプ式暖房・給湯機を披露した

 欧州で未曽有のインフレが続いている。10月のユーロ圏の消費者物価指数(CPI、速報値)は前年同月比10.7%上昇。統計で比較可能な1997年以降で過去最高を6カ月連続で更新した。英国のCPIは9月に前年同月比で10.1%上昇し、約40年ぶりの高水準だ。

 欧州の生活者の大きな関心事はエネルギー価格だ。どの国でもガス価格が前年に比べ急上昇しており、各国政府が補助金で価格上昇を抑えるもののバラツキがある。ドイツのように財政が豊かな国は2023年から電気やガスの上限価格を導入するが、それが十分にできない国もある。

 こうした中、注目されている製品がある。省エネ性能の高いヒートポンプ式の暖房・給湯機だ。

 「ヒートポンプ式への引き合いが強く、作り切れない」。うれしい悲鳴を上げるのは、パナソニック傘下で空調事業を手掛ける空質空調社の道浦正治社長だ。「この1年の売り上げは前年の2倍以上になっている」と話す。

 欧州で主流のガスボイラー式暖房・給湯機は、ガスを燃焼させ水を温める仕組みでエネルギー効率が高くない。それに対して、ヒートポンプ式は電気で冷媒を圧縮して熱を生み出して温水をつくり、暖房や給湯に用いる。ガスボイラー式に比べて二酸化炭素(CO2)排出量を約65%削減できる。従来はガス価格が安かったため、効率の悪いガスボイラー式が主流だったが、ガス価格の急騰によりヒートポンプ式の需要が急増しているのだ。

 これまで欧州の暖房・給湯機市場は、欧州勢のガスボイラー式が強かった。ヒートポンプ式は日本勢のお家芸といえる分野だ。エアコン開発などで培った技術力があり、既に日本ではエコキュートという高効率給湯器としての実績がある。こうした技術力と実績をひっさげ、各社が欧州で攻勢をかけている。

 パナソニック空質空調社の道浦社長は10月初旬の空調機器や冷暖房技術の見本市「インタークリマ」で記者会見を開き、欧州市場での事業展開に力を入れることを熱心に説明した。同社はチェコとマレーシアにヒートポンプ式暖房・給湯機の工場を持つ。25年度までに生産増強や技術開発、マーケティング強化に約500億円を投じ、20年代後半には生産能力を年間100万台程度に引き上げる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2070文字 / 全文3011文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。