スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーが電気自動車(EV)販売で攻勢をかけている。2022年1~6月期はサプライチェーンの混乱などで新車の販売台数は減少したが、EVの販売台数は前年同期の2倍以上に増加。新車全体に占めるEVの割合は前年同期の3%から8%に上昇した。プラグインハイブリッド車(PHV)を含めると、新車に占める割合は3割を超えている。その中で、22年1〜6月期の売上高営業利益率は11.6%と前年同期を上回っている。

 そのボルボの最高経営責任者(CEO)に3月、ダイソン前CEOだったジム・ローウェン氏が就任した。同氏はダイソンでEV事業を率いており、EVの知見が豊富だ。ダイソンCEO時代には日経ビジネスでシリーズ「英ダイソン ローウェンCEOに聞く デザイン×イノベーション」を展開してもらった。

 ボルボは30年にすべての新車をEVにするという戦略を持つ。どう実行に移していくのか。日系メディアとして初めてローウェンCEOに話を聞いた。

ボルボ・カーCEO ジム・ローウェン氏
ボルボ・カーCEO ジム・ローウェン氏
米ブラックベリーなどで約20年以上、製品開発やサプライチェーン構築に従事したのち、2017年に英家電大手ダイソンのCEOに就任しEVプロジェクトを進めた。22年3月より現職

2022年3月にボルボ・カーのCEOに就任しました。EVシフトの戦略について何か変更しましたか。

ジム・ローウェン氏(以下、ローウェン氏):ボルボ・カーは2030年にすべての新車を電気自動車(EV)にすること、中間地点の25年までに50%をEVにすることを目指しています。この戦略は確立されたものです。高い目標ですが、優れた目標だと思います。私が重要だと思うのは、完全電動化を進める最初の自動車メーカーの1つであることを公に宣言したことです。

 ボルボにとって、そこに迷いはありません。投資や雇用、技術、設計などすべてのリソースをEVに費やすことに全力投球しています。EVだけでなく内燃エンジン(ICE)にも適した車を造るという中途半端な決断をすると、設計を一部妥協することになります。ボルボは方向性を明確にできる、将来を見越した戦略を選んだのです。

 こうした戦略は、若い優秀な人材を集めるのにも役立つと考えています。才能あるエンジニアなど若い優秀な人材には、サステナブルな戦略を掲げ、明確な方向性を持った企業で働きたいという意向が強くあります。こうした人材が既に集まってきています。

確かに米テスラのようにEV専業の方が、ICEと両方を造り続けるより、EVを効率的に開発、生産できそうです。

ローウェン氏:EVとICEの双方に使えるプラットホームを作る場合は、(EV一本化より)コストがかさみます。最適化が部分的にしかできません。完全電動化のインフラとプラットホームのみに集中すれば、そうした課題を解決できます。

欧州連合(EU)では35年までに二酸化炭素(CO2)を排出する新車の販売を禁止することが固まりました。ボルボはこの規制を支持してきましたね。

ローウェン氏:それが私たちの戦略に沿った規制であるからです。ボルボの戦略では、35年より前に新車のすべてをEVにするという目標を掲げています。ですので、この規制を支持し、欧州での法案化に賛成するのは当然と言えます。実際、欧州が先駆けとなり世界中の至る所でこの規制が広まってほしいと考えています。