猛威をふるう新型コロナウイルス。パンデミックの現場では何が起きているのか。医療の最前線、市民の生活、経済の先行きについて、日経ビジネスの海外支局長が緊急報告する。

 イタリアやスペインなど南欧諸国からドイツ、フランス、英国へと感染者が急拡大した欧州。いち早く「ロックダウン(都市封鎖)」に踏み切った欧州諸国だが、ここに来て外出規制の緩和に動き始めている。感染が拡大した要因はどこにあったのか。そして、経済再開への道筋はどのようなものか。各国で異なる状況を大西・ロンドン支局長が報告する(Raise LIVEで実施したウェビナーのオンデマンド配信)。

※有料会員に登録すると動画を視聴できます

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り0文字 / 全文294文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。