イタリアは罰金が2万5000円から36万円に引き上げ

 一方、イタリアは状況が悪化するに従い、規制が厳しくなっていった。感染者数の増加スピードは鈍っているとはいえ、26日時点の感染者は8万589人、死者は8215人と致死率は10%(米ジョン・ホプキンス大学調べ、以下同)を超えてしまい、現在は厳戒態勢が敷かれている。

 当初はさほど厳しく運用されていなかったという。最も分かりやすいのが罰金の金額の変化だ。8日から外出禁止が始まった際には違反の罰金が206ユーロ(約2万5000円)だったが、今は最大3000ユーロ(約36万円)の罰金を科されるようになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2313文字 / 全文3718文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。