3月15日の週は、ドイツの自動車各社による電気自動車(EV)関連の発表が毎日続き、さながら「EV祭り」だった。月曜にフォルクスワーゲン(VW)がパワーデーと称し、電池戦略を公表。火曜日以降は、VW、BMW、アウディ、ポルシェの順番に年次記者会見を開いた。

 いずれもEVのプレゼンテーションに力を入れ、質問もEVに集中した。その答えをよく聞くと、各社首脳は巧みな回答を用意していた。そこで、「沸騰・欧州EV」シリーズの3回目は、ドイツ勢と日本勢の電動化目標の違いを検証してみたい。(今回に予定していたボルボ・カー幹部のインタビュー記事は、次回に掲載します)

BMWのオリバー・ツィプセ社長は17日の記者会見でEV戦略などを熱っぽく語った

 17日に開催されたBMWの年次記者会見で、オリバー・ツィプセ社長が特に熱弁を振るった場面があった。しっかり説明したかったのだろう。筆者の感覚では、多くの質問の中でもとりわけ長く回答した。記者がスウェーデンのボルボ・カーなどを引き合いに出し、新車へのエンジン搭載を全廃する時期を質問した際に、要約すると以下のように答えた。

 「世界の多くの市場で自動車を販売している。それゆえ1つの技術に依存するには早すぎる。電動化を進めていくのは間違いないが、それはすぐに1つの技術(エンジン)が終わることを意味しない。エンジンにも未来はある。顧客がそのタイプの車(エンジン車)を欲しくないというのであれば、生産を止める」

 ボルボ社長「吉利とエンジン統合、EV化阻む過去の遺産はもうない」でインタビューを掲載したように、ボルボのホーカン・サミュエルソン社長は30年までにエンジン搭載の新車販売をやめる方針を宣言した。しかし、BMWのツィプセ社長は、多様な地域で販売していることを強調し、エンジン搭載車の新車販売をやめる時期を示さなかった。

BMWは17日、クーペの新型EV「i4」を発表した

 ただ、EVシフトは明確に打ち出した。25年までに累計200万台のEVを販売し、30年までに世界の新車販売の半分をEVにすると発表。同日に公開した「i4」のほか、今年は新しい旗艦EVとなる「iX」を発売する。

 併せて30年代初頭には傘下の小型車ブランド「ミニ」をEV専用ブランドにすることを発表した。ミニは25年にエンジン搭載の最後のモデルを発売するとしたが、BMWグループ全体ではその時期を明確にしなかった。

続きを読む 2/2 VWは21年に50万台以上のEVを販売する方針

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1777文字 / 全文2998文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。