全2144文字

 日本でパニック消費が問題になっているが、「成熟社会」と言われる欧州も例外ではない。一部の店舗ではトイレットペーパーや乾燥パスタなどの購入が増えて、在庫切れや品薄になる事例が出ている。

 3月7日、30歳代の英国人女性は英ロンドン中心部にある高級スーパー「ウェイトローズ」に行き、いつもとは違う光景に驚いた。陳列棚にトイレットペーパーはわずかしか残っておらず、パスタに至ってはほぼゼロだったという。「この状態だとトイレットペーパーが足りなくなった時に買えないリスクがあるから、みんなが早めに買わないといけなくなる」と憤る。こうした「パニック消費」ともいえる現象が欧州各地で起こっている。

スーパーマーケットの陳列棚にはトイレットペーパーがわずかしか残っていない。乾燥パスタもない。英国ではこうした店が続出している

 欧州で新型コロナウイルスの感染者が急増している。11日までの感染者は、イタリアで1万149人、フランスで1784人、スペインで1622人、ドイツで1296人、英国で377人という状況にある。イタリアでは緊張感が高まっているが、他の欧州諸国では街中でマスクをしている人は少なく、全体としてはパニックに陥っている様子は見られないが、買いだめなどの消費行動が目立ち始めている。

 特に手に入りにくいのが消毒液だ。スーパーやドラッグストアでは見つけるのが難しく、オンラインストアでも在庫切れが続出している。そうした中、消毒液の盗難事件が起きていることも明らかになった。

 英中部ノーサンプトンの病院では、消毒液の盗難が相次いでいる。ベッド脇に置いた400ミリリットルの消毒液のボトルがなくなり、消毒液の不足に悩まされている。病院は患者の関係者が持ち帰っていると見ている。病院が供給できる量が限られるため、備え付けの個数を減らしているという。

 フランスでも盗難が起きている。フランスの保健当局は、パリの病院から約8300枚のマスクと1200本の消毒液のボトルが盗まれたことを明かした。仏南部のマルセイユの病院でも、2000枚の手術用マスクが消えた。

 盗難は極端な事例だが、日用品が品薄になる事態は幅広く起こっている。欧州では症状が軽い場合に自主隔離を奨励する国が多いため、買いだめはその際の備えという面もあるかもしれない。