ボランティアが避難民を全面的にバックアップする

 国境からは大型バスに乗り込み、中継地点の駐車場にやってくる。ボランティアがそれぞれの行き先を示したプラカードを掲げる。ポーランドの「ワルシャワ」や「クラクフ」だけでなく、ドイツの「ミュンヘン」、チェコの「プラハ」など欧州各地の行き先が表示されている。

 駐車場でも臨時のテントが設けられ、暖をとっていた。多くの人が、国境の街からポーランド国内や欧州各地に移動する。すぐに迎えが来ない避難民などがテントで一時休憩している。

 駐車場も支援物資であふれる。ボランティアたちは様々な役割を積極的にこなしていく。スープを持ち運び、避難民にふるまう人も。ポルトガルからエストニアに留学している最中に、ボランティアとして駆けつけたという学生もいた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り611文字 / 全文1731文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。