国民の5割以上、約3500万人が3回目の接種

 追加規制を導入しない理由の2つ目は、ワクチン接種の進展だ。オミクロン型の流行を受け、英国は3回目のワクチン接種に力を入れている。軍を動員して接種を進め、6日時点で全人口の50%超に当たる約3500万人が3回目の接種を受けている。英保健安全局は、3回目の接種を受けた場合、約7割の割合でオミクロン型の発症を防ぐという初期分析の結果を発表している。筆者も3回目の接種として、ファイザー製ワクチンの接種を受けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1505文字 / 全文2902文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。