ホテルや不動産を手掛けるユニゾホールディングス(HD)の争奪戦がとうとう決着した。旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)による敵対的TOB(株式公開買い付け)に始まり、複数の米投資ファンドを巻き込んだ争奪戦は、最終的にユニゾHDが提示したEBO(従業員による買収)が成立するという結末に至った。自ら呼んだホワイトナイト(白馬の騎士)を袖にしたり、百戦錬磨の米投資ファンドと渡りあったりと、剛腕を見せつけた小崎哲資社長の功績は何だろうか。

 3100円(HIS)→4000円(米フォートレス・インベストメント・グループ)→5000円(米ブラックストーン・グループ、提案のみ)→4100円(米フォートレス)→5100円(ユニゾEBO)→5600円(ブラックストーン、提案のみ)→5200円(フォートレス)→5700円(ユニゾEBO)→6000円(ブラックストーン、提案のみ)→6000円(ユニゾEBO)

 これはユニゾHD争奪戦で示されたTOB価格の推移だ。こうしてみると、2019年7月に最初に敵対的TOBを仕掛けたHISの価格のほぼ倍となる6000円でゴールした格好になる。だがそもそもHISのTOB価格にもプレミアムがついており、HISのTOB直前のユニゾHDの株価は1990円。そう考えると小崎社長は、株価をわずか半年強の間に3倍以上にした経営者ということになる。

ユニゾHDはホテルや不動産事業を手掛けている
ユニゾHDはホテルや不動産事業を手掛けている

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1213文字 / 全文1803文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「M&A深読み裏読み」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。