M&A(合併・買収)が企業の経営戦略として当たり前のように語られる時代になった。ただそこに至る背景は様々だ。成長のための時間を買いたい、事業を多角化したいといった理由もあれば、アクティビスト(物言う株主)の突き上げが引き起こすディールもある。足元では敵対的な買収案件も続々と起こり、さながらM&A新潮流といった様相も呈する。こうしたM&Aやアクティビズムの今を掘り起こす。(写真:PIXTA)