KDDIには「役員補佐」という肩書がある。役員の御用聞き的なイメージも浮かぶが、実は彼らこそ、次代のKDDIをけん引するリーダー候補。経営感覚を身に付けるには、役員のそばに張り付くのが近道と、2011年に導入された。役員補佐は日々、どんな仕事をし、何を学んでいるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り576文字 / 全文2941文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「今こそ問われるリーダーシップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。