「明日、どうなるんだろう。ちょっとドキドキ」

 「ドキドキですね!」

 米大統領選の投開票日前日の11月2日、ニューヨーク支局の仕事を手伝ってもらっているアシスタントさんとスマートフォン用対話アプリ「LINE(ライン)」でそんな会話をした。

 3月にニューヨーク市で新型コロナウイルスが大流行してから、アシスタントさんとは遠隔でやりとりして仕事をするのが日課となっていた。大統領選に向けて数カ月にわたって取材を重ねてきたが、いよいよ迎える当日。嵐が来る前日のような、不安と高揚感が入り交じる不思議な感覚だった。

 当日の3日はいつもより早く起床。昼食に選んだのは、レトルトのめんたいこスパゲティ。抗議活動が市内で起きることが予想されたため、体力を付けておこうと考えたのだ。

 まずは、あるグループの抗議集会が午後2時から開かれるというタイムズスクエアへ向かった。タイムズスクエアは抗議集会の会場となることが多い。ニューヨーク市警の警官が手際よくフェンスを設置し、一部の道路を封鎖していた。

南北に走るブロードウェイと東西に走る42丁目の角で、午後2時頃撮影
南北に走るブロードウェイと東西に走る42丁目の角で、午後2時頃撮影

 広場に行くと、確かに小さな人だかりができていた。だが……正直、想像していたほどの規模ではなかった。数十人の集会参加者の周囲に、同数くらいのメディア関係者と見物人が群がっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1088文字 / 全文1629文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「池松由香のニューヨーク発直行便」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。