(写真:AFP/アフロ)

 米国のドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、10月2日に自身のツイッターでその事実を明かした。

 米国時間4日には、やはりツイッターに掲載した動画で「サプライズ」を予告。入院先のウォルター・リード軍医療センター周辺に集まった支持者らにクルマの後部座席から手を振った。

 現地メディアはこの行動を「クルマには運転手など別の人も乗車している。他人の安全を脅かしている」と批判した。

 手を振るトランプ氏の様子からは命の危険にさらされているようには見えないが、COVID-19(新型コロナ感染症)は容体が急変することでも知られる。ここで浮かぶのが「大統領選の候補者に何かあったら選挙はどうなるのか?」という疑問だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1022文字 / 全文1342文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「池松由香のニューヨーク発直行便」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。