全3368文字

 「結局、それってどういうこと?」

 皆さんは新聞やテレビのニュースを見聞きしていて、こう感じたことはないだろうか? 2019年4月から米国に住む記者は、米国のニュースに触れる中で毎日のように感じている。

 そこで、度々で恐縮だが、また新シリーズを立ち上げることにした。分かったようで分からない、米国の時事問題の背後に隠された「真意」を識者に聞いて要点をお届けする「ズバッと解説」シリーズだ。

 第1回のテーマに選んだのは「スティーブン・バノン氏の逮捕」。同氏は16年の大統領選でドナルド・トランプ大統領の選挙対策本部長に就任し、その後も同政権で17年8月まで首席戦略官などを務めた。トランプ氏の代名詞ともなっているポピュリズムやナショナリズムの推進は、バノン氏が糸を引いていたとされる。

ニューヨーク市マンハッタンの裁判所から出てきたスティーブン・バノン容疑者(写真:ロイター/アフロ)

 このニュースで気になるのは、逮捕の絶妙なタイミングだ。20年11月の大統領選を間近に控え、民主党の全国大会が開かれているまっただ中だった。

 「何か政治的な意図があるのでは?」「これからバノン被告に何が待っている?」。これらの疑問を解消するため取材したのは、スパイ活動などを捜査するFBI防諜(ぼうちょう)局の元特別捜査官で、現在は米イエール大学で教べんを執りながら米CNNのコメンテーターも務めるアシャ・ランガッパ弁護士だ。

アシャ・ランガッパ弁護士
(Asha Rangappa)

1974年、米国生まれ。両親はインド出身の移民。96年プリンストン大卒、2000年イエール大学法律大学院修了、03年にニューヨーク州とコネティカット州の弁護士資格を取得。01~05年は米連邦捜査局(FBI)防諜(ぼうちょう)局の特別捜査官としてニューヨークに勤務。現在はイエール大学上級講師、CNNコメンテーター。

●ニュースのおさらい

 まずスティーブ・バノン氏逮捕のニュースをざっとおさらいする。

 バノン氏は8月20日、コネティカット州東部のロングアイランド湾の船上でコーヒーを飲みながら読書していたところを逮捕された。逮捕したのはニューヨーク州南部地区連邦地検だ。

 同容疑者は、ドナルド・トランプ米大統領の公約であるメキシコ国境沿いの壁建設のため、クラウドファンディング「We Build the Wall(我々は壁を建設する)」を設置していた。献金として集めた資金2500万ドル超は報酬などを取らずに連邦政府に納めるとしていたが、別の3人の被告とともにそれぞれ数十万ドルを私的に使用した詐欺の容疑がかけられている。

 バノン容疑者は同日、マンハッタンのニューヨーク州南部地区連邦地裁で無罪を主張、500万ドルの保釈金を支払って保釈された。

 ちなみにバノン容疑者は1983年まで米海軍に所属。85年に米ハーバード大で経営学修士を取得後、ゴールドマン・サックスで投資銀行業務に携わった。同社を90年に退職した後は、ハリウッドで保守派を支援する映画を制作したり、オンラインのニュースサイトを経営したりと多様な職に就いてきた。保守派の論客として活躍していた頃、大統領選を控えていたトランプ一家に見初められて政界に入った。

 アシャ・ランガッパ弁護士によると、事件の今後を占う注目点は大きく3つある。それらのポイントを見ながら、「政治的意図はあるのか?」「バノン容疑者の今後は?」という問いの答えを探していく。

検察の狙いはバノン氏か? トランプ氏か?

●ポイント1:逮捕したのはNYコワモテ検察

 ランガッパ弁護士がまず指摘したのが、バノン容疑者を逮捕したニューヨーク州南部地区連邦地検が「遊びを許さない厳しい検挙で知られる検察」(同弁護士)である点だ。